礼拝カレンダー5月号

いつも教区Webサイトをご覧くださりありがとうございます。
礼拝カレンダー5月号が完成しましたのでお知らせいたします。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですが、どうぞご自愛ください。

※4/30修正…5/5の大垣を修正いたしました。

【長野伝道区】女性のつどい「飯山の風、こどもたちの声」

長野伝道区では、5月11日(土)に飯山復活教会にて、女性のつどい「飯山の風、こどもたちの声」を行います。
講師はルカこども発達支援ルームの小野望さん、お話を伺った後に、教会の目の前にある子ども館を見学します。
長野伝道区の婦人会の企画ですが、伝道区を越えて、ご参加を希望される方を歓迎いたします。
チラシをご確認いただき、ご関心のある方にお知らせください。申し込みの締め切りは4月末です。

イースター・メッセージ<暗闇の中に輝く〈命の光〉と出会う場所

 聖土曜日の礼拝では、復活のろうそくに火が灯されます。その灯火は眩しいものです。それは、暗闇の中であるからに他なりません。イエスさまが十字架に架けられた。そして十字架の上で息絶えられた。
 昼の十二時になると、全地は暗くなり、三時に及んだ(マルコ15章33節)
 主イエスの時代は、まさに暗闇の時代であったことを、私たちはまず思い起こさなければなりません。
 さて、ヘロデは博士たちにだまされたと知って、激しく怒った。そして、人を送り、博士たちから確かめておいた時期に基づいて、ベツレヘムとその周辺一帯にいる二歳以下の男の子を、一人残らず殺した。その時、預言者エレミヤを通して言われたことが実現した。「ラマで声が聞こえた。激しく泣き、嘆く声が。ラケルはその子らのゆえに泣き、慰められることを拒んだ。子らがもういないのだから」(マタイ2章16―18節)
 争いと分裂の中、子どもたちの命が奪われていく。そのような暗黒の時代に、主イエスはお生まれになった。イエスさまは、暗闇の中に光として、平和の君としてこの世に遣わされました。洗礼者ヨハネの父、ザカリアは、このように預言します。
 幼子よ、あなたはいと高き方の預言者と呼ばれる。主に先立って行き、その道を備え、主の民に罪の赦しによる救いを知らせるからである。これは我らの神の憐れみの心による。この憐れみによって、高い所から曙の光が我らを訪れ、暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、我らの足を平和の道に導く(ルカ1章76―79節)
 暗闇を照らし、平和の道を切り開くこと。それは洗礼者ヨハネが告げていた主イエスの使命でした。イエスさまはガリラヤの地で、辺境とされた地で、さまざまな人々の痛みや苦しみ、叫びがこだまする地で、一筋の光としての働きを担われたのです。
 こうして、預言者イザヤを通して言われたことが実現したのである。「ゼブルンの地とナフタリの地、湖沿いの道、ヨルダン川の向こう、異邦人のガリラヤ。闇の中に住む民は、大いなる光を見た。死の地、死の陰に住む人々に、光が昇った。」その時から、イエスは、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言って、宣べ伝え始められた(マタイ4章14―17節)
 主イエスは、この暗闇の中に光を灯すために、自らを燃え尽きさせられました。一粒の麦は地に落ちて死に、そして何倍もの実を結ぶ。
 「私は世の光である。私に従う者は闇の中を歩まず、命の光を持つ」(ヨハネ8章12節)
 主イエス・キリストが十字架の上で息絶えたのは、それは、この世に〈命の光〉を生み出すためでありました。その〈命の光〉こそが、よみがえりの主に他なりません。よみがえりの主と出会える地はどこでありましょうか。福音書には、明確に示されています。それは、「ガリラヤ」でありました。イエスさまが、人々と共に泣き、共に生きた地、「ガリラヤ」に行くことで復活の主と出会える。そこで、一筋の灯、〈命の光〉を見い出すことができる。暗闇の中で、平和への道が備えられる。
 主イエス・キリストは、私たち一人ひとりがガリラヤを目指し、平和への道を歩むよう促されます。そして、ガリラヤの地で、暗闇の中に輝く〈命の光〉が私たちの内に生まれるようにと導いてくださいます。それでは、「私にとってのガリラヤとはどこなのか」。今年の復活節、深く黙想できればと願います。

礼拝カレンダー2024年4月号

イースターを間近に控え、安定しない天気が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、4月号の礼拝カレンダーが完成しましたのでお知らせいたします。

※3/27修正…名古屋聖マルコ教会7:00の聖餐式を追加しました。
※4/1修正…大垣聖ペテロ教会4/14の礼拝を修正しました。

【能登半島地震関連】ボランティア募集

京都教区能登半島地震対策室より、ボランティア募集の案内が届きました。
各教会にて参加を呼びかけていただければと思います。

ボランティアの申込みは、要項にある通り、所属教会の牧師を通じて京都教区センターにしていただくこととなっています。ご協力をよろしくお願いいたします。
なお、現地までの交通費につきましては、中部教区からの補助を検討いたします。参加希望者がいらっしゃいましたら、中部教区センターまたは総主事(相原)までご連絡いただければと思います。