司祭按手式動画配信に関するお詫び

 12月18日(土)に執り行われましたヨハネ相原太郎執事の司祭按手式オンライン配信につきまして、不具合により同時配信ができませんでした。配信をお待ちいただいた多くの皆様に心よりお詫び申し上げます。

 なお当日の写真を掲載いたしますと共に、「教区関連動画」にて録画をご覧いただければ幸いです。

中部教区常置委員長 司祭後藤香織
中部教区総主事   諸岡研史

命 が け で

 岡谷聖バルナバ教会の創立に深く貢献されたホリス・ハミルトン・コーリ司祭は、カナダ・ケベック州の出身で、来日前はカナダ北東部のラブラドール地方で働いておられました。この地域は、北極圏に近い気候の厳しい地域で、コーリ司祭は犬ぞりなども利用しながら、厳しい条件の中、広い地域を巡回していました。コーリ司祭は、手紙で主教に近況を報告しており、その内容が掲載されたケベック教区の古い教区報により、働きの具体的な状況を知ることができます。
 来日直前の1919年4月には、例年より半月ほど早く春が到来したため、そりでの移動ができず脱出の見込みが立たないこと、1月下旬に家を出てから家族とずっと離れていることなど、厳しい宣教師の生活がうかがえます。このような所から、新たな困難の伴う日本宣教のために一家で来日されたのでした。
 来日後、コーリ司祭一家はまず岐阜、続いて名古屋に住みますが、あまりの気候の変化に耐えられず、上の子が重い病に冒されました。一時は危篤状態にもなりましたが、幸い一命を取り留めたものの脳に重い障害が残りました。同じ時期に下の子も病気にかかっていましたが、上の子の看病に気を取られて気づくことができず、7歳の若さで亡くなります。コーリ司祭が高田や松本を経て岡谷に赴任されたのは、ひとつには上の子の転地療養という意味合いもありました。そのような犠牲を払いつつ、岡谷の教会を築いていかれたのでした。
 コーリ司祭の妻コンスタンスは、同僚のスペンサー司祭の妹にあたりますが、スペンサー家は海外宣教に身を献げるという家訓を持ち、姉フローレンスも宣教師として来日し、一家の3人が共に中部教区で働いていました。スペンサー司祭は、1941年の外国人宣教師一斉帰国の年まで日本に留まり、27年間働かれましたが、健康を害しており、帰国の翌年に55歳で逝去されました。
 岡谷の教会、そして中部教区は、このように文字通り命がけの宣教師の働きによって建てられたという歴史を改めて思い起こしたいと思います。そして、昨年来のコロナ禍にあってのわたしたちの営みを、将来の人々は歴史としてどう読むことになるだろうか、という疑問も抱くのです。
 前例のない事態の中、手探りで一生懸命やってきたつもりではいますが、これらの宣教師の方々の働きを思うとき、それが十分であったとはとても思えませんし、真剣さ・勤勉さに欠けていたところが多くあることも、恥ずかしながら認めざるを得ません。
 礼拝を休止せざるを得なかった時、東京からの旅行ができずネットを通じて礼拝司式や説教をしていた時、聖餐式を行いながらも分餐ができない時、率直に言ってそこにはある種の空しさがあり、孤独感をも感じました。教会の状況が徐々に元に戻りつつある今、改めて失っていたものの大きさを感じています。
 逆説的ですが、この1年半、教会はこの空しさや孤独感をお献げしてきたのかも知れないと思えるのです。そこに、今の時代における私たちの「命がけ」があるのかも知れません。この辛さを包み隠すことなく、皆で分かち合いたいと思います。


司祭 ダビデ 市原信太郎
(岡谷聖バルナバ教会管理牧師〈東京教区出向〉)

教区間協働!?再編!?(4)“なぜ11教区なのですか?”

 「日本聖公会はなぜ11教区なのですか?」洗礼、堅信準備の学びの中などで、よくある質問です。現在、日本聖公会には11の教区がありますが、11教区になったのは1972年にそれまでアメリカ聖公会に属していた沖縄(伝道教区)が日本聖公会に沖縄教区として編入されてからのことになります。日本聖公会のコンパスローズをモチーフとしたエンブレム(左図参照)の中央部にある+が11個なのは、その数を示しています。
 それ以前の教区(地方部)構成については、1887年の日本聖公会組織成立時にまで遡り、当初は4地方部(東京、大阪、熊本、函館)でした。その後、1896年に6地方部(東京南部、東京北部、大阪、京都、熊本、函館)となり、1900年代に入り、沖縄教区を除く現在の10教区の礎が築かれましたが、1923年に東京教区と大阪教区が初めて正式な教区とされた以外は、戦時下の国策であった「宗教団体法」などの影響を大きく受けながら、苦悩の中で教区成立に至りました。
 一方19世紀後半に開始された聖公会の日本伝道の内実は、アメリカ、イギリス、カナダの主に各宣教団体から派遣された宣教師たちによって担われましたが、教区区域については、元々それぞれの宣教団体の伝道区域として分割されたものであり、日本聖公会として全体的視野に立って定められたものではありませんでした。1967年に著されたC.H.パウルス司祭の言葉がそのことをよく表しています。「日本聖公会の現在の教区制度は永久的なものとは決して考えられていなかったということは、あまり知られていない事実である。それは暫定的に決められたものであって、種々の宣教師団がそれぞれ得手勝手な活動をしないように計画されたものであった。」(『日本聖公会の教区制度に関する歴史的一考察』より)-続く-

相原太郎執事・司祭按手式の動画配信について

12月18日(土)に予定されている司祭按手式は人数を制限して行いますので、下記Youtubeにて動画配信を行います。

皆様のご加祷よろしくお願いいたします。

クリスマス礼拝(岐阜聖パウロ教会)

✞12月24日(金)(降誕日前夕)19:00 夕の礼拝(イブ礼拝)
  *司式・説教 司祭 ヨハネ 相原太郎(予定)
  *イブ礼拝は、ローソクとペンライトの光の中で行われます。
  *礼拝の所要時間は40分程度です。

✞12月25日(土)(降誕日)10:30 クリスマス聖餐式
  *司式・説教 司祭 ヨハネ 相原太郎(予定)
  *礼拝後の祝会(クリスマスパーティー)はありません。

✞12月26日(日)(降誕後第1主日)10:30 み言葉の礼拝
  *信徒の司式による礼拝です。

礼拝はどなたでも自由に参加できます。事前連絡も不要です。

2021年11月の主日礼拝(可児)

Sunday, November 21st 13:30am
The Last Sunday after Pentecost (Proper 29)
Holy Eucharist
(Revd. Ambrosia Kaori Goto)

Sunday, November 28th 10:00am
The First Sunday of Advent
Liturgy of the Word with the Distribution of Communion
(Deacon Taro Aihara)

司祭按手式のお知らせ

聖職按手式の公示が出されました。
按手式はインターネットによる中継も予定されています。

公示

神のお許しがあれば、下記のように聖職按手式を執行し、

執事 ヨハネ 相原太郎

を公会の司祭に叙任いたします。主にある諸教会の代祷をお願い申し上げます。

救主降生2021年11月16日
日本聖公会中部教区主教
主教 アシジのフランシス 西原廉太

日時:救主降生 2021 年 12 月 18 日(冬期聖職按手節土曜日)午前 10 時半
場所:岐阜聖パウロ教会 〒500-8842 岐阜市金町 4-27
司式:主教 アシジのフランシス 西原廉太
説教:司祭 パウロ 佐々木道人
式典長:司祭ヨセフ下原太介
祭色: 「赤」を用います。
*参列者を限定して行います。奉仕者・参列者詳細については式典長より連絡いたします。

以上

召命黙想・読書会のお知らせ

中部教区各教会へ来年1月の召命黙想・読書会のお知らせを発送しました。

申し込み締め切りが10月31日(日)となっておりますので、ご興味がある方はお早めにお申し込みください。

※第1回目と第4回目の主題・講師が代わりました。(12.9修正いたしました)

※中部教区内信徒を対象としておりますが、ご質問・お問い合わせは中部教区センターまでお知らせください。