Live streaming site of the ordination ceremony of Rev. Mary Reiko Yamato and John Takaaki Yamato

The ordination ceremony scheduled for Saturday, October 31 will be brought to you through live streaming on YouTube.

大和玲子執事・大和孝明執事、司祭按手式の動画配信について

10月31日(土)に予定されている司祭按手式は主教按手式と同じく、人数を制限して行いますので、下記Youtubeにて動画配信を行います。

皆様のご加祷よろしくお願いいたします。

米国聖公会及びブラジル聖公会からの祝辞-Messages from the Episcopal Church and the Episcopal Anglican Church in Brazil

主教按手式特設サイトに式文と祝辞集がアップされました。
そちらに掲載が間に合わなかった米国聖公会及びブラジル聖公会からの祝辞を掲載いたします。

Liturgical text and messages have been updated on the Bishop’s Ordination and Installation Special site.

『祝辞集』https://drive.google.com/file/d/12ihpQy6POro4rPOypRep0BWxOiT92Mub/view

Messages from the Episcopal Church and the Episcopal Anglican Church of Brazil will be posted here.

プレジデント・オンラインに西原廉太司祭(主教被選者)の記事が掲載されました。

NHKの連続テレビ小説『エール』でキリスト教考証を務める西原廉太司祭(主教被選者)の記事がプレジデント・オンラインに掲載されました。中部教区の豊橋昇天教会のことにも触れられています。是非、ご覧ください。

https://president.jp/articles/-/39732

中部教区ウェブサイトURL変更

日本聖公会 中部教区のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
この度、2020年10月1日より当サイトのアドレス(URL)を以下の通り変更いたしましたことをお知らせいたします。

<ホームページ新URL>
https://nskk-chubu.org/

お手数ですが、「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている方は変更をお願いいたします。
今後とも中部教区ウェブサイトをよろしくお願いいたします。

悪しき祭司

「ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。」
(ルカ10:31「善いサマリア人」より)

 7月、車で大きな交差点に差し掛かろうとした際、ある光景が目の前に飛び込んできました。進行方向に向かって右側、その交差点の真ん中で、こちら側にフロントガラスと屋根を向けて一台の車が横転していたのです。事故直後で、交差点で信号待ちをしている多くの人々が携帯で撮影し、まだ、警察も来ておらず、交通整理も行われていませんでしたが、事故車に人影はなく、事故に遭った人は既にどこかへ退避している様子でした。沢山の車が徐行で通り過ぎ、私の車のすぐ前の車が事故車の隣を通り過ぎようとした時、その車が突然、おかしな行動をしました。その車は事故車の真横で一瞬急ブレーキをかけ、徐行のスピードを更に減速させ、ハザードランプを点滅させながら事故車の隣を通り過ぎました。その直後、車を一瞬、路肩に寄せたかと思うと、再び道路中央に戻り、走り去っていったのです。

 すぐ前の車の不可解な行動に私は肝を冷やし、眉間にしわを寄せつつも、そのまま車を徐行させ、次は私自身が事故車の真横を通り過ぎました。ハンドルを握りつつ、事故車を横目に見た瞬間、すぐ前を走っていた車の不可解な行動全ての意図に、ハッとしました。横転していた車の車内は大きく膨らんだ2つのエアバッグしか見えませんでしたが、そのエアバッグがうごめいていたのです。「まだ車内に人がいる!!」。その瞬間、私は「助けなきゃ!」と思い、咄嗟にブレーキを踏みました。そして、車を路肩に寄せるため数メートル徐行しました。しかし、その数秒のうちに、私の思いは変わりました。「交差点の中で車を停めたら大渋滞だ」、「自分一人ではどうにもできない」、「すぐに警察が来て、安全に助け出してくれるだろう」と。そして、私は運転していた車を道路中央に戻し、そのまま車を走らせました。そして、自分に言い聞かせました。「今から納骨式がある。そこに私が遅れる訳にはいかない」と。

 「善いサマリア人」の譬え話では、私たちひとり一人に「行って、あなたも(*あの善いサマリア人と)同じようにしなさい」(ルカ10:37 *は筆者加筆)と語ります。しかし、善いサマリア人のようになることを求められている私たちの現実は、なかなかその通りにはいきません。むしろ、私たちの現実は、追いはぎにあった人の向こう側を通り過ぎた祭司やレビ人と同じことの繰り返しではないでしょうか。「道の向こう側を通って行った」祭司と全く同じである司祭…、私自身。その自分自身を見つめながら、「道の向こう側を通って行った祭司もレビ人も、あれから私と同じように後悔したのだろうか?言い訳を自分自身に言い聞かせたのだろうか?」と思いつつ、こう思いました。

 「大切なのはゼロから善いサマリア人になることではない。祭司、レビ人としてマイナスから後悔し、懺悔し、そして、変えられて善いサマリア人になることである。それが私たちの現実に根ざしたみ言葉の受肉である」と。後悔から生まれ変わること。道の向こう側を通って行った祭司もレビ人も、その後、変われたのでしょうか?その変化を信じることこそが、罪人である私たちの大いなる希望なのではないでしょうか。

司祭 ヨセフ 下原太介(主教座聖堂 名古屋聖マタイ教会牧師)

動画公開 2020年度教区研修会講演『中部教区の新たな歩みのために』

2020年9月20日(日)に、初めてWeb会議システムを使った教区研修会が行われました。
Youtube上では70名ほどの視聴があり、それぞれの教会で複数の方が参加されていましたので新たな教区研修会の可能性を感じることができました。詳しくは研修会報告をお待ちください。

当日の研修会の講演部分をYoutubeにアップしましたので、是非ご覧ください。

「2020年度教区研修会講演 ー中部教区の新たな歩みのためにー」